自己紹介をする

名刺12

名刺の大きな役割の一つとは自己紹介をすることでしょう。

自分の氏名や所属、会社名といったことを伝えるために名刺はとても役に立つのです。このような情報を伝達するために名刺が活用されているのです。

そのため、名刺にはそれぞれの情報が分かりやすく表記されています。

名刺がその人のイメージを伝えることにもなるのです。単に自己紹介をするだけではすぐに忘れてしまうでしょう。名刺が用意されており、しっかりと顔を合わせて自己紹介をすることによって、その名刺と顔が関連付けられて記憶されます。

そのときに印象深い話をしたのであれば、その記憶も残るでしょう。後で名刺を整理する際には、それぞれの名刺を渡してくれた人の印象がよみがえるのです。

これはビジネスにおいては大きな効果を発揮するでしょう。また、名刺そのもののデザインも役割があります。どのような表記や構成、色、素材が採用されているのかによって、その名刺から受けるイメージは異なるでしょう。

たとえばビジネスで使われる名刺というのは誠実なイメージを与えることができるようなデザインが工夫されているものが多いです。

名刺を見るだけでその会社のイメージが固定されてしまうこともあります。このように名刺というのはその人の情報や会社のイメージを伝えるという役割があります。

関連:きっかけになる